台湾カフェ・ストーリー映写会&プチBOOKBOOK交換会  

モノの交換から人の交流が生まれ、そしてそこからココロの交流がうまれたら!そんな思いの企画です。

台湾カフェ・ストーリー

台北で美人姉妹がカフェをオープンする。
このカフェでは「物々交換」が人気に。
物と物を交換するとき、実は物にまつわる
ストーリーも同時に交換している。
そして、姉妹は価値観を変えていく。

あなたにとって、一番 大切なものは?

 

BooKBooK交換

いい映画を見て終わり!じゃなくて今回の映画にならってモノの交流や人の交流、ひいてはココロの交流が生まれたらと思っています。

 

という事でみなさん、

ぜひ『人に紹介したい、貴方が交換していい素敵な本を一冊』持ってきてください!

本を持ってきてくれた方は参加費800円が600円に

帰りに、誰かがもってきた素敵な本を持って帰れます!

それが物々交換ならぬBookBook交換です!

 


【日時】 2013年 6月15日(土)

  午前の部  10時(上映開始)  9時30分(受付開始)

  午後の部  14時(上映開始)  13時30分(受付開始)

  夜の部    18時(上映開始)  17時30分(受付開始) 

【参加費】 800円(ブックブック交換のための本を持ってきての参加は600円

【申込み】 不要です。当日開場にお越し下さい。

【会 場】 朝倉市甘木地域センター:フレアス甘木

       (福岡県朝倉市甘木764-21、電話0946-22-2117

      

 

=当日の流れ=

・受付にて参加費を払う。

・BookBook交換の方は本を受付に提示

 (付箋に本の説明やあなたとの本のストーリをちょこっと書いてください!)

・映画を見る!!

・映写会終了後 BookBook交換参加の方は

 ロビーに並べてある誰かが持ってきた素敵な本を一冊持って帰る!

 

気軽に来れるそんなわが町の気楽な映写会!
  映写会でつくるええしゃかい!! なーんちゃって(笑)

 

主催:僕らの楽校映写部

【問い合わせ先】

僕らの楽校事務局(朝倉市教育委員会生涯学習課内)
担当:矢野 0946‐22‐2348 平日9時~17時 

メール syogaku☆city.asakura.lg.jp
     ☆印を@に変えて送信してください。 

 

 

 

 

 

(台湾カフェ・ストーリーあらすじ)

OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。

ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。

 

数々の国際映画祭で観客の心を動かし、高い評価を得ているホウ・シャオシェン( 『悲情城市』で第46回ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞))製作総指揮の作品。監督は、ホウ・シャオシェン監督作品の『フラワーズ・オブ・シャンハイ』に助監督として参加したシアオ・ヤーチュアン。

 

会場地図